【ねとWeb】-アフィリエイト生活に27歳で挑戦中-

"超"大瓶「一升瓶ビール」が増加中!大瓶がなくなる?

2014年01月07日  カテゴリー:気になったニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瓶ビール最近は、瓶ビールを注文すると500mlの中瓶で提供されることが多く、633mlの大瓶が登場することは少なくなっているようです。

寂しいですね。宴会場でも見かけなくなってきました。
そんなニュースが流れていたのでご紹介します。
 


==========================================
ライフスタイルの変化によって、家庭用のビール需要を長年支えていた家庭への宅配市場=ビール大瓶という図式が消えました。

2012年には瓶:20%、缶:46%、大樽:34%と、瓶の割合が一番低くなっているとか。さらに瓶ビールの中でも「2005年当時の出荷量では大瓶が中瓶の約1.5倍の出荷量でしたが、2012年には中瓶が逆転しています

最近見かけないビールの大瓶、どこへ行った? なぜなくなったの?
http://news.ameba.jp/20131222-247/
==========================================

そんな中、大瓶ビールをさらに超える“超”大瓶ビール「一升瓶ビール」の出荷が好調のようです。
実物も見たこともないですが、、、。

[アルコール] インパクトがあり過ぎる...! 「一升瓶ビール<金>」



楽天で普通に売ってましたw一度は飲んでみたいな!ビール好きにはたまりません。

<ラインナップは全部で4種類>
◆サイズが2種類:インパクト大の一升瓶ビールと、感謝の生(330ml飲み切りサイズ)の2種類。
◆味わいが2種類:ベーシックなゴールド色のビール【金】と、黒ビール【黒】の2種類。

ビールで珍しい和紙ラベルはプレミアム感たっぷりで、大きく刻まれた「感謝」の2文字がストレートにありがとうを伝えます。「ありがとう」を伝えるのに、これ以上ふさわしいビールはありません。父の日、お中元、お歳暮、誕生日、結婚・出産内祝、快気祝、など様々なシーンにご利用頂いています。


気になったニュースの関連する記事