【ねとWeb】-アフィリエイト生活に27歳で挑戦中-

ジャンプ(jump)zipやtorrentがない!とネットの声が・・・。

2014年05月11日  カテゴリー:気になったニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンプzip「ジャンプ 21 ZIP ない」というアクセス解析の検索キーワードで上げらていました。
これは、検索ユーザーの悲痛な叫びなのか・・・・。

コンビニで立ち読みとか、喫茶店などで閲覧ができるのに、なぜ?っと思いました。
なぜか私のホームページにも上記のキーワードでたどりついたかは不明です。
ただ、アクセス解析を見る限り実際に検索されていた方はたくさんいると思います。
 


あとは、良く引っかかってくるのが「torrent」がございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジャンプ概要
1968年7月11日に『少年ジャンプ』の名称で同年の8月1日号として創刊。創刊時は月2回(第2・第4木曜日)発売、1969年10月から週刊化された。2003年5月までは毎週火曜日発売、2013年現在は毎週月曜日発売[1]。シンボルマークは海賊マーク(ジャンプパイレーツ)。1995年に653万部という漫画雑誌の最高発行部数を記録した。

雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている[2]。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである[3]。

基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。

創刊時に後発の少年漫画誌として、当時の人気漫画家を確保出来なかったため、連載陣のごく少数を除き、全て専属契約の新人で揃えることになった。この方針は、創刊から40年以上経ち、週刊少年漫画雑誌で最大部数を誇るようになった現在も継承されている。

他社の週刊少年漫画誌で掲載されているような表紙および巻頭でのスポーツ選手やアイドルのグラビアは、1970年代後半から1980年代前半までと、1990年代後半の一時期にはあったが、現在は載っていない。スポーツ選手の特集やインタビュー記事自体は2色の情報ページなどで現在でも実施されることがある。

現在、同誌の読者構成は中学生を中心として小学校高学年から高校生が主であり、講談社の『週刊少年マガジン』や小学館の『週刊少年サンデー』、秋田書店の『週刊少年チャンピオン』よりも低年齢寄りである。

参考:週刊少年ジャンプ - Wikipedia
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

またまだ、ダウンロード系はやはり人気なのでしょうか・・・。

 


気になったニュースの関連する記事